ALA(アラ)の効果がスゴイ!血糖値改善・ダイエット・アンチエイジングにも

最近、血糖値改善効果などの効果で注目を浴びている「ALA(アラ)」という成分をご存じでしょうか?

今回は、老化防止を始め、さまざまな健康や美容に関する効果が注目されているALA(アラ)の血糖値改善効果、ダイエット効果、アンチエイジング効果などについて、ご紹介します。

健康や美容に役立つ成分として注目の「ALA(アラ)」とは

ALAが活性化するミトコンドリア-イメージ

ALA(5-アミノレブリン酸)体内に存在するアミノ酸の一種

ALA(アラ)は「5-アミノレブリン酸」の略称で、約36億年前に原始の地球で生まれたアミノ酸の一つです。

人間や動物の体内に存在し、エネルギー生産や水分維持など、健康を維持するために欠かせない役割を果たしています。

近年、ALA(アラ)に関する研究が進み、健康や美容に役立つ成分として注目を浴びています

医薬品の成分としても研究され、日本抗加齢学会、世界糖尿病予防学会など、さまざまな学会でALA(アラ)の臨床データが発表され、関心が集まっています。

ALA(アラ)は健康との関係が深いミトコンドリアを活性化

私たち人間の体は約60兆個もの細胞でできています。

その細胞の一つひとつの中に数百から数千個のミトコンドリアが存在します。

ミトコンドリアは、細胞の中で酸素を取り込み、細胞の活動に欠かせないエネルギーを作るなど重要な役割を果たしており、私たちの健康に大きく関係しています。

ALA(アラ)は人間の体内で鉄分と結びつき、ヘムという物質になりますが、このヘムという物質はミトコンドリアに作用して、体内の代謝を活性化したり、血液内で酸素を運ぶ役割を果たすヘモグロビンの原料になったりなど、大切な役割を果たしているのです。

注目すべき「ALA(アラ)」の効果

健康や美容に役立つ成分として注目を浴びているALA(アラ)の血糖値改善効果、ダイエット効果、アンチエイジング効果について、ご紹介します。

ALA(アラ)」の血糖値改善効果は臨床試験でも実証済!

ALA(アラ)の血糖値改善効果-臨床試験データ-画像

出典元:Higashikawa, F. et al., Nutrition. 2013;29(7-8):10306. ALA

ALA(アラ)はミトコンドリアの機能を高めることにより、細胞レベルで糖を燃焼する力を高めます

糖を燃焼してエネルギー(ATP)生産効率をアップすることにより平常時の血糖値を正常化し、食後の血糖値の上昇も穏やかに抑える力を持つと言われています。

ALA(アラ)を主成分とした血糖値改善サプリメント「アラプラス 糖ダウン」が機能性表示食品として認められる根拠となった臨床試験では、糖尿病の指標となる空腹時血糖、血清糖化アルブミン、糖負荷試験2時間値の全ての値の改善が認められました。

血糖値改善サプリメン「アラプラス 糖ダウン」については、こちらの記事でご紹介しています。

血糖値が気になる方におすすめのサプリメントアラプラス「糖ダウン」

ALA(アラ)」のアンチエイジング効果

ALA(アラ)は私たちのミトコンドリアの中で常に作られていますが、加齢と共にその生産量が徐々に減少します。

体内のALAが減少すると、ミトコンドリアのエネルギー生産機能が低下し、代謝の低下、細胞の衰えなどの老化現象が引き起こされます。

ALAは、新陳代謝を活発にして、細胞レベルからの老化抑制のカギとなる物質なんですね。

  • 年齢のわりに若々しく見える
  • 疲れにくく、いつでも元気
  • 何事にも前向きに取り組んでいる

このような方は、年齢のわりに体内のALAが多く、ミトコンドリアが元気よく働いていると考えられます。

ALA(アラ)」のダイエット効果

ALA(アラ)は体内に取り込んだ糖質をエネルギーに変換する力が活発にし、代謝を高める作用があります。

そのため、体内のALAが多いと、体内の余分な糖分や脂肪を減らして太りにくく痩せやすい体質になると考えられます。

ALAは、健康&美容情報誌「日経ヘルス」でも「代謝を高める新成分」として取り上げられたことがあります。

また、エネルギーや熱を作り出すことから、ダイエットの敵と言われている冷え性を改善する作用も持つと言われています。

以前と同じ生活をしているのに、年齢とともに太りやすくなってきたという方は、ALAを補うことで、ダイエット効果を期待できるかもしれませんね。

年齢とともに減少する「ALA(アラ)」と老化の関係

ALA(アラ)はもともと人間の体内で作られている物質ですが、17歳をピークとして、加齢とともに減少することが知られています。

ALAの生産量は、60代ではピーク時の約半分になると言われています。

また過労、ストレス、運動不足、睡眠不足などの要因もALAの生産量の減少につながります。

ALAが十分に生産されないと、ミトコンドリアのエネルギー生産能力が低下し、さまざまな老化現象を引き起こします。

ALA(アラ)が含まれる食品とサプリメント

ALA(アラ)を含む食品-ほうれん草-画像

ALA(アラ)は食品から補うことも有効

加齢とともに減少するALA(アラ)は食品から補うことも可能です。

最近の研究で、食品から摂取したALAも体内で生産されるALAと同様に、ミトコンドリアに取り込まれることが確認されています。

ALA(アラ)を含む食品としては、ほうれん草などの緑葉職野菜、ワインやみそなどの発酵食品、カイワレ大根、トマト、いか、たこ、牛肉などがあります。

ただし、食品から十分な量のALAを摂取しようとすると、ほうれん草なら約12キログラム、赤ワインなら約6本など、普段の食事からは難しい量の摂取が必要になります。

ALA(アラ)を効率的に摂取できるサプリメント

そのため、効率的にALA(アラ)を摂取できるようにとサプリメントの開発も進められています。

2015年12月には、SBIグループから「ALA」を主成分とした初の機能性表示サプリメント「アラプラス 糖ダウン」が発売されました。

「アラプラス 糖ダウン」について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

「アラプラス 糖ダウン」の公式サイト

また、2016年7月にはライザップが会員限定で「ALA」を活用したサプリメント「RIZAP ACTIVE」を販売開始したところ、即日完売だったとか。

ALA(アラ)の血糖値改善・ダイエット・アンチエイジング効果まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、さまざまな健康や美容に関する効果が注目されているALA(アラ)の血糖値改善効果、ダイエット効果、アンチエイジング効果などについて、ご紹介しました。

「最近、疲れやすくなってきた」、「年とともに、太りやすくなってきた」という方は、ALA不足が原因となっている可能性もあります。

ALAを含む食品をなるべく食べるようにしたり、効果的に摂取できるサプリメントを利用したりなど、ALAを補ってみるのもよいかもしれません。


関連記事


血糖値が気になる方におすすめのサプリメントランキング

  1. No.1痩せやすい体質に!アラプラス「糖ダウン」

    基礎代謝アップにより痩せやすい体質になる効果も!アラプラス「…

  2. No.2糖尿病予備軍の方にも!「サラシアプラス」

    糖尿病予備軍の方にもおすすめ!「サラシアプラス」

  3. No.3EDや合併症予防に!『マンボウサンQ』

    EDなどの糖尿病の合併症の予防に!注目のDPAのサプリメント